スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【6年目3月】FS2日目終了。桜井・龍子 順当勝ち

2009年05月10日
×パンサー理沙子VSダークスターカオス○
パワーボム 14分32秒

×ガルム小鳥遊VSクリス・モーガン○
ニーリフト→片エビ固め 13分31秒

○マイティ祐希子/南利美VSミシェール滝/斎藤彰子×
JOサイクロン 14分59秒

ロープに振ってショルダータックルを繰り返す祐希子。
これに対し、滝は祐希子の隙をついて天空の羽衣を決め。
さわやかに脱出する。

替わった斎藤をアームホイップで投げ捨て
南と交代する祐希子。南は斎藤をスリーパーホールドで絞めあげる。
ゆっこ・南組が優位にすすめる中、斎藤の起死回生の踵落しが南を襲う。

斉藤さんかっこいい斉藤さん起死回生
これが効いたのか押される南。
だが、なんとか脱出して祐希子と交代。

替わった祐希子は斎藤の勢いをアームホイップでかわすと
JOサイクロンで一気にダメージを奪う。
そして、倒れている斎藤に飛びつき腕ひしぎ逆十字。
斎藤を一気に追い込むが斎藤はロープに助けられる。

そして組み手から斎藤はWアームスープレックスで祐希子を投げ捨てると
滝と交代する。
替わった滝に対しても攻める祐希子。
しかし、Wアームスープレックス。ジャーマンスープレックスと投げ技を返され
押し気味にも関わらず上手く攻めきれない。

だが、それならばと打撃技からコブラツイスト。そして弱ったところをパイルドライバーと
手を換え滝を追い込む。だが、もう一歩のところで滝の反撃にあいDDTをもらう。

そして再び、祐希子VS斎藤。打撃の応酬からノーザンライトスープレックス。

これは滝にカットされ、
斉藤さんは足癖が悪い。
斎藤の踵落しを顔面に貰い「ふぎゅっ」っと声を上げてしまう
祐希子だったが、その怒りをJOサイクロンに込めて斎藤を撃沈。
これが祐希子様ってもんだよ!

危なげ無い戦いだったが詰めの甘い部分を見せる試合だった。



マイティ祐希子「う~~~。顔が痛い・・・あの子。ワザと顔ばっか蹴ってるんじゃない?!」
南利美「私も貰ったわ・・。踵落しって顔面に入るものだったかしら・・・」
マイティ祐希子「う~~~。あざになったらどうすんのよー」


・・
・・・
・・・・
斎藤彰子「すみません滝さん・・わたしの実力が足りないばかりに」
ミシェール滝「自分を責める事は無いよ彰子。君の足技は輝いていたさ。そう特にこの部分なんか・・」
斎藤の足を微妙な感覚で撫でる滝。
鳥肌が立つその瞬間にとっさに足が出る斎藤。
斎藤彰子「んんーーーーっ・・・・・」
バキィっ
ミシェール滝「げふぅっっ・・・
吹っ飛ぶ滝。・・あわてて駆け寄り滝を抱き起こす。斎藤。
斎藤彰子「滝さんっすみません。びっくりして・・」
ミシェール滝「す・・素敵さ・・・・君の足技は輝いている・・ガクッ・・」
斎藤彰子「滝さんっっ滝さーーーん」
試合後、ファンには見せれない姿で気を失う滝の姿があったとか無かったとか・・
(ミシェール滝のファンの方すみません)


○桜井千里VSロイヤル北条×
フランケンシュタイナー 12分48秒

急激に成長を続ける若手桜井とベテラン北条の一戦。
桜井が二本の延髄斬で北条を攻めれば
桜井さん延髄以外の技も使ってください。意地の反撃
北条もトラースキックで反撃する足技の応酬。
しかし、さらに桜井は千里式延髄斬を振り下ろしよろめいた北条にローリングソバット。
さらに場外で倒れた北条をサッカーボールのように蹴りまくり
ノーザンライトスープレックスで場外の床に北条を叩きつける。

そしてリングに戻れば 1発・・・2発と北条の弱い反撃を尻目に
振り下ろされる延髄斬。遂に倒された北条だったがカウント2.0で返す。
しかし、桜井の容赦ないフランケンシュタイナーが立ち上がった北条を襲う。
これも北条が2.9で返すものの、桜井は北条を引きずり起こすとドラゴンスープレックス。
これもなんとか、2.9で返したものの、立ち上がった北条に襲い掛かる
桜井のフランケンシュタイナー。
あまりに一方的な桜井の攻めに対する北条ファンのブーイングと
北条に対する「もう立たないで」という声が飛び交う中。

北条はついに立ち上がれずカウント3で勝負あり。

試合前には予想も出来なかった一方的な展開になってしまった。



メイデン桜崎「千里お嬢様。ちょっとやりすぎでわ?。プロレスはお客様に魅せる要素も大事なのですよ?」
桜井千里「美咲さんすみません。北条さんのトラースキックがすばらしくて本気になってしまいました。」
桜井千里「それに、龍子さんが見てたので・・。」
そんな桜井の方をぽん。ぽん。と叩く桜崎。
メイデン桜崎「千里。熱くなったら負けよ。手の内は見せずに常にクールに。」
桜井千里「すみません美咲さん・・。」
メイデン桜崎「流した汗だけ強くなれるけど、頭も使わなきゃ勝てないんだからね」



・・
・・・
・・・・・
メラメラメラ・・・・。という擬音が聞こえそうな状態だなぁ・・
石川君・・あれどうにかならないのかい?

石川涼美「あらぁ・・。龍子の眼がギラギラー。たいへんねぇ~」

たいへんねぇじゃなくってさ
龍子君試合前だし落ち着いてな・・な・・

サンダー龍子「はぁん?。社長ぉ。私はいつも冷静だよ」

冷静に見えないんだが。

サンダー龍子「桜井が北条を屠ってこっちに一瞥くれたくらいが何だっていうんだ!」


いや・・熱い熱いよ。某社の真田さんとかウチの沢崎君よりむやみに熱いよ。

沢崎光「燃えるのはよいことですよ!。完全燃焼!ファイアー!」

石川涼美「あらあらぁ・・。お芋でもやけそうですねぇ~」

石川さんそうじゃなくって・・・。

対戦相手はメガライトだし・・あんなに熱くなってたらだめだろ・・

石川涼美「でもぉ。もう止まりませんし~」

あーがーうー

サンダー龍子「見てろっ桜井!。あたしの本気を見せてやる!!」


あー。大丈夫かなぁ・・あんなに熱くなって・・・。

沢崎光「燃えるのはよいことですよ!。完全燃焼!ファイアー!」


○サンダー龍子VSジェナ・メガライト×
ナックルパート→片エビ固め 10分27秒

龍子のハンマーブローから試合がはじまる。
そして、パシッンパシッパシッと逆水平チョップがメガライトに叩き込まれる。
これを嫌がったメガライトはアームホイップで龍子を投げ捨てるも
立ち上がった龍子は再び逆水平チョップで攻め立て
怯んだメガライトを捕まえるとプラズマサンダーボムでマットに叩きつける。

これはさすがにカウント2.5で返すメガライト。
すると今度はドロップキックを連続で繰り出す龍子。

だが、流石にメガライトは一筋縄ではいかずフィッシャーマンズバスターで
縦方向に圧縮される龍子。

ロープに振ってドロップキック。後ろを取ってフェイスクラッシャー。
さらに立ち上がったところをコブラツイスト。

これでダメージを与えると、メガライトのWアームスープレックスを返した龍子は
そのままの勢いのまま、メガライトの顔面にナックルパート。

たまらず倒れたメガライトをそのままフォールし、勝負を決めてしまった。


アナウンサー「おおーーっとなんという事だー!先の桜井・北条戦に続き、龍子・メガライト戦も一方的な展開だー!。いったいどうなってるー!!」
アナウンサー「鉄拳一撃!メガライトを沈めましたサンダー龍子!!」

サンダー龍子「よっしゃー!。桜井!これがあたしの本気だー!


ざわめく場内を尻目に叫ぶクレイジードラゴン。シングル2戦がたいへんな展開での決着となった。

沢崎光「ああーん!龍子さん完全燃焼~素敵ですー」
変な目になってるぞ沢崎君・・。

ぼこっ

あ・・パイプ椅子で殴られた。
石川君・・・今、沢崎君を殴らなかった?!殴らなかった?

石川涼美「あらあらぁ・・。最近は魅せるプロレスだったのにぃ・・龍子ったら帰ってきたらおしおきねぇ・・♪」

石川さんなんか怖いんですが・・怖いんですが・・。

石川涼美「でもぉ~。龍子ってばやる気になればあんなに簡単にメガライトさん倒せるのね~」

なかなか気持ち良い試合だったよ。わたし的には。お客さんの事を思うとだめだけどね。

サンダー龍子「この結果に文句のあるヤツはいつでも相手になってやるっ!!」


ま、2日目も終了。明日はファイナルシリーズの半ばか。どういう展開になるのか・・。
沢崎光「かんぜん・・ねんしょー・・・ぴよぴよ

なんとなくお後がよろしいようで?




















スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。