スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2年目1月】龍子さん絶好調

2008年11月10日
「海外の2団体からレスラーを招聘して8人×2ブロックでリーグ戦を行う。」
わたしが宣言すると、前向きな声があがる。
うんうん。うちの団体はやる気の無い選手が全くいないのが宝だ。
ま、上原さんのカリスマが大きいんだろうが・・。
沢崎「みんな~完全燃焼ですよねっ!」
沢崎君、そんなすぐにでもリングに上がれそうな台詞を・・・
あれ、沢崎君がリングに上がる姿が目に浮かぶぞおかしいな・・。(サバ1やればすぐにでも

ま、それは置いておいて 【幻】⌒ ヽ(´ー` ) サバ3こそは(気が早い)
我団体の2年目も半分以上過ぎたし、そろそろスター選手が育ってきてくれなければ・・

その為に、このリーグ戦は是非とも制してほしいものだ。
わたしは選手たちを特に涼美さんの胸を見つめながらおもっ・・・・
う・・沢崎君なんだねその金たらいは。そんなもんで殴られたら あぶっ ぐへっ
続く!?
龍子「もうちょっと手ごたえがあると思ったんだけどね・・・。」
龍子君の台詞も揮ってるな。ま、リーグ戦実は初優勝だしな

○サンダー龍子VSリリィ・スナイパー×
逆さ押さえ込み 16分42秒

まさか全勝で龍子君が優勝とは、これは上原さんもうかうかできませんね。
上原 「でも団体のエースは龍子だから。わたしは徐々にピークを過ぎる身だよ」
そんな寂しいことを、もっと龍子君の越えられない壁でいてくれないと。

龍子 「この結果に文句のあるヤツいつでも挑戦してきな。」
あー。龍子君嬉しいからってそんな絶好調な台詞を・・

沢崎 「龍子さんって意外とヵヮ。゚+.(・∀・)゚+.゚ィィ!!ですよね」

そうか?。

沢崎 「リリィさんに毎回負けて悔し涙を流して人とは思え・・・あ。・・」

沢崎君どうした?
あ、、龍子君違うぞ・・沢崎君しか言ってないぞ・・わたしはひとこ・・・ぐえぇぇぇ

その、翌月。龍子君のファンクラブが増えた。

龍子「また・・?ホントに物好きが多いね」
うれしいモンでしょうに
龍子「まあ・・ね。」

素直じゃないところが可愛いんだろうな
本人にはいえないが。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。