スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【4年目1月】1月興行前半。菊地よジュニアで大きく羽ばたけ

2008年11月23日
んー。ちょっと人気を他団体に奪われているジュニア部門のベルト戦を
中心にexリーグの優勝の勢いがあるうちにタッグの防衛戦なんかも含めてやりたいんだけど
どうだい?

沢崎「しゃちょー。ベルト挑戦がジュニア以外は早すぎますよー?」

ふむ。計算してなかったなぁ

龍子「社長らしいな。まあ、相手を倒すだけだからわたしはいいよ」
涼美「わたしも~龍子がよければ~良いですよ~

よかったよかった^^。実は国女の朝比奈さんに乗せられちゃってOKしちゃったんだよね・・・。

一同おい!


というわけで今月もベルトを賭ける・・(爆
ま、龍子君絡みのベルトは早すぎだが・・・ソニック君をそろそろ倒す人物が現れんとなぁ
沢崎「無敵の王者でもソニさんなら盛り上げますよ^^。」
ふむ・・しかし切磋琢磨してこそ・・菊池君の成長はどうかなぁ
菊地理宇「すべて出し切るまで全力で戦いぬきます!」
セコンドに師匠のマイティ祐希子が入りベルト奪取に燃える弾丸娘菊地理宇。
人気赤丸急上昇の菊池君とスター選手のソニックキャット君の
ベルトをかけた一戦は興行的には大きく成功だったようで8000人の会場が
満員になっていた。
ソニック君が王者の実力で跳ね返すのか菊地君が一矢報いるのか
楽しみの一戦がはじまるねぇ。
沢崎「しゃちょー。ハバネロスープ入りましたよ~^^」
おお、冬の観戦はこれに限るネェ
沢崎「完全燃焼~~!


3回連続で菊地をマットに投げ捨てるソニック。
それに対し、菊池はいきなりの大技シューティングスターープレスを見せる。
だが、これでソニックの魂に火をつけたのか必殺技を決めれ菊地一転ピンチ。
連続でソニックキャット君に攻め込まれ体力もぎりぎり
だが、執念の力を見せる菊地はもう一度シューティングスタープレス。
ソニック君はこれでも慌てることなくむしろ気合が入ったのか
JOサイクロン→フランケンシュタイナー→JOサイクロンと大技で菊地君を翻弄する。
しかし、菊地君はど根性を見せ、フォールを四連続で返し、会場は大盛り上がり
なかなか陥落しない菊地君だったが、そこは王者の長いソニ君
慌てることなく今度はシャイニングウィザードから片エビ固めに持ち込む。

大技を耐えつづけた菊地君だったが大技を貰いつづけた体はついに力尽きたのか
これは返せず勝負有り。

11分08秒と決して長い試合ではなかったが大技の応酬で派手で盛り上がる試合になった。

ソニックキャット防衛7回目。


きっくちー良くやったぞー
会場にはソニックコールに混じって菊地の健闘を称える声があがる
この二人の勝負は小技で様子を見ることなくとにかく向かって行くので
見ているほうとしては気持ちがいい。
全力を出し切ってぐでんとなって祐希子君に支えられて控え室に戻っていく菊地君に
ソニック君がマイクパフォーマンスで声をかける。
ソニックキャット「理宇理宇。何度でも来るがいいさねっ^^。私を超えれたらジュニアの女帝になれるさねっ」
それに何故か祐希子君が菊地君をおぶりながら応えていた。
マイティ祐希子「眠れる獅子を起こしていいのかなぁ。ミカ~?。超えられたら次は勝てないかもよ~」
ソニックキャット「正義を守るには強く無いといけないさねっ。ソニを超えれるくらいじゃないと正義は守れないさねっ」
マイティ祐希子「へ~。その意気いいわっ!。じゃ菊地が勝ったらカレー50杯奢ってくれるよねミカ!」
ソニックキャット「それはなにか話が違うような気がするさね」

・・ん・・菊地君は正義の味方になるのか・・・?
沢崎「ずれた方向に盛り上がってますね!でも熱いですっ!」
というかだんだん祐希子君の話がおかしくなっている気がするぞ
沢崎「意識が無い菊地さんの代わりに応えて盛り上げようとしたのがミカさんが正義とか言い出したので応答に困って変な方向にいってるようですね^^。24時間盛り上げる精神がアダですね^^」

んー。まぁ。いいか・・。何故か盛り上がってるし・・・・。
しっかし、全力を出しすぎて寝てるなんて菊地君才能だなぁ。
沢崎「え、菊地さん寝てるんですか!・・あ、ほんとだ・・」
祐希子君の背中に乗ったまま戻ってきた菊地君は気絶じゃなくて寝ていた。
菊地理宇「むにゃむにゃ。祐希子さ~んやりました~むにゃむにゃ」
祐希子君お疲れ。いろんな意味で^^
マイティ祐希子「ミカが正義とか言うから返答困ったわよー社長。」
まあ、正義の味方が売りだからなぁ。
マイティ祐希子「でも菊地は悪じゃないし。」

リング上ではソニ君が余韻が冷めなくてまだ残っている観客の相手を続けていた。

ソニックキャット「ソニックを倒すぐらい強くなってソニと正義を守るようになるさねー
↑。。そういう事みたいだぞ祐希子君。

マイティ祐希子「わかんないって^^;ホントミカったら。」
はいはいカレーでも奢りますよ。祐希子お姫様。。
マイティ祐希子「社っ長~いいの~10人前はいくわよー」

・・
・・・
・・・・
南利美「いいから片付け手伝いなさい祐希子。菊地も起きて。社長もいつまでもやってない」

はい今すぐっ。

お後がよろしいようで。




スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。