スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【5年目5月】トーナメントの行方

2008年11月30日
1回戦第一試合
○サンダー龍子/石川涼美VSボンバー来島/小川ひかる×
フランケンシュタイナー 21分49秒

急造ペアにしてはチャンピオンペア相手にかなり頑張った来島・小川ペアだったが
さすがに経験・技量の差は明確だった。ただ、小川が憧れの龍子を何回か関節技で
追い込んだのは成長の証といえるだろう。

来島「ひー。きつかったなぁ。おまえの師匠容赦ないなぁ。顔だいじょうぶか?」
顔面への鉄拳制裁を6回以上受けた小川に対して来島が声をかける。
小川「龍子さんは誰に対しても全力ですからわたしに全力を出してくれてむしろ嬉しいです」
小川は笑顔で来島に返すが、その顔はかなり腫れていた。
来島「ぷっ。その顔で言われてもなぁ^^。あはははははっ」
来島「まあ。団体が違うからあまり組むことはないだろうけどよろしくなっ」
小川「はいっ!来島さんまたよろしくお願いします」


1回戦第二試合
ビューティー市ヶ谷/○南利美VSミミ吉原×/ドルフィン早瀬
29分56秒 ドラゴンカベルナリア→ギブアップ

この一戦はドルフィン早瀬の脅威の回復力とカット力が目立った一戦になった。
始終市ヶ谷・南組が押せ押せで進んでいる試合展開だったが
早瀬・吉原のすばやいカットで3カウントが取れない。
途中吉原が流血し、勝負ありと思われた部分でも早瀬がすぐに入り
吉原の代わりに二人の攻撃を受ける。
それに対して南・市ヶ谷が早瀬を追い込むが早瀬はカウント2・9で返すと
吉原と交代。そして次に戻ってくる頃には半分以上回復している。。
早瀬の脅威の回復力でなかなか攻めきれず長引いていく試合。
やっと南利美がミミ吉原を捕まえてリング中央でドラゴンカベルナリアを
決めたのは29分56秒になってからだった。
早瀬はここでも当然のごとくカットに入ったがさすがにこれは市ヶ谷が抑え
ミミ吉原のギブアップで決着となった。

やっとミミ吉原を捕まえた南利美は市ヶ谷が早瀬を封じ込めるのを確認しながら
ミミ吉原を絞めあげた。

南利美「市ヶ谷に華を持たせられないなんて苦戦させられたわ。早くギブアップしなさいっ」
ミミ吉原「早瀬ちゃんが頑張ってるのにギブアップなんてできませんっ
南利美「それなら完璧に絞めあげてあげるだけだわ」
ギチギチギチ。関節のヴィーナス南利美の技が炸裂する。
リング上ではカットに入った早瀬もついに市ヶ谷に掴まり、ミミ吉原のうめきだけがこだまする。
南利美「ほら、早瀬ちゃんも市ヶ谷が捕まえたわ。ギブアップしなさい」
最後の希望も打ち砕かれ、ついにミミ吉原もギブアップ
ミミ吉原「ギ・・ギブアップ・・・。
新女ペアは早くも1試合目で姿を消すことになった。
ビューティー市ヶ谷「オーホホホホ連勝街道ですわ~」
南利美「華を持たせられなかったけど不満は無いようね・・まずまずだわ

南利美のおお化けなるか?

1回戦第三試合
○十六夜美響/フレイア鏡VSブレード上原/中森あずみ×
踵落し→方エビ固め 19分56秒

六角から十六夜にパートナーが代わっているものの
フレイア鏡は上原・中森からすれば因縁の相手である。
しかし、気負いが実力を後押しすることは無かったようで
中森あずみが十六夜美響の踵落しに沈み
見せ場のないままの敗北になった。


1回戦第四試合
ソニックキャット/越後しのぶ○VSマイティ祐希子/菊池理宇×
踵落し→片エビ固め 29分16秒

前評判では祐希子/菊池の圧勝と思われたこの組み合わせ。
前半は予想通り完全無欠の師弟ペア(笑)が押し気味で進めたが
実力では劣ると思われていた越後しのぶがフォールは返す
大技もかえす。さらには祐希子・菊地の両方を流血させる
など暴れまわりソニックとも良い相性を見せ優勝候補の一角を打ち砕いた。

越後しのぶ「鋼の魂は誰にも砕けはしないっ!」
不利な状況をしのぎきって最終的に勝利を掴んだ越後はリングの上で吼えていた
その横でソニックがファンの声援に応える。
ソニックキャット「しのぶちん。臨時ペアだったけどこのまま正規ペアにするさね」
越後しのぶ「はいっ!ありがとうございます!!」

うーん。タッグはなかなか番狂わせがオモシロイナァ・・。
越後君の必殺の踵落しはなんかオリジナルぽいしねぇ・・。
沢崎光「祐希子さんと菊地さんには油断もあったんじゃないですかー?。越後さんは完全燃焼ですねっ」
踵落しばっかり3発貰った菊地君はちょっと可哀想だったけどな。


準決勝 第一試合
○サンダー龍子/石川涼美VSビューティー市ヶ谷/南利美×
不知火→体固め 8分18秒


まずは龍子がプラズマサンダーボムで市ヶ谷を叩きつける。
これに対して市ヶ谷が代わった石川をビューティーボムで叩き付け南が関節技で攻め立てる。
しかし、南は追い込みながらも石川にロープに逃げられ続け
逆転のノーザンライトボムを許す。さらに関節技を軽く龍子に外され不知火でマットに叩きつけられた。

一回戦の疲れが残っていたのが響いたのかなぁ。それとも石川君が上手く関節技を
かわしたということか・・。


準決勝 第ニ試合
十六夜美響/○フレイア鏡VSソニックキャット×/越後しのぶ
デスバレーボム→片エビ固め 6分35秒

まずは十六夜が攻めるが一瞬の隙をついてソニックのJOサイクロンが炸裂
そして越後がリングイン。十六夜が一方的に攻めるが越後はリバースウラカンラナに
ラリアットカウンターと上手くかわす。そして再びソニックがリングイン。
十六夜もすぐに鏡と交代。ソニ・越後チームにはこのタイミングが悪かったのか
踵落し→デスバレーボム→片エビ固めと鏡にソニックがあっという間に持っていかれ
越後の体力を大きく残したまま無念の6分35秒決着となった。

フレイア鏡「小さくて弱いですわ」
鏡はソニックを倒して絶好調だ。
越後しのぶ「ソニックさんっ。」
敗れたソニックを越後が抱え起こす。
ソニックキャット「しのぶちゃんごめんさね~
越後しのぶ「わたしは大丈夫です。ソニックさん大丈夫ですか・・・」

越後とソニックの会話などどうでもいいかのようにフレイア鏡はリング外の龍子・涼美を
指さしマイクアピール。
フレイア鏡「龍子さんっ。あなたの顔が苦痛に歪む姿を観客にお見せするのも一興ですわっ」
声をかけられた龍子も放送席のマイクを奪い応える
サンダー龍子「いいだろう!叩きつぶしてやるっ

いよいよ決勝戦だっ


決勝戦
サンダー龍子/×石川涼美VS十六夜美響/フレイア鏡○
サソリ固め→ギブアップ 10分39秒
勝っても負けても7月にチャンピオンに挑戦できる十六夜美響/フレイア鏡組
ここで負けると7月の挑戦を待つまでも無く威厳に関わる龍子・涼美組。
こういうトーナメントにチャンピオンチーム入れるべきではないのは重々承知なんだけど
きっと打ち破ってくれると信じてるんだけどなぁ・・・。

いきなりフレイア鏡のデスバレーボムが龍子に炸裂する。
さらに代わった石川にもアンクルホールドで攻め立てる鏡。
これは龍子がカットして石川がノーザンライトボム。
その後は鏡がしのいで十六夜と交代。
石川も龍子と代わって十六夜にプラズマサンダーボム。
だが十六夜も災厄降臨で龍子を攻める。
これはなんとか龍子が耐え切って石川と交代。
石川にデスバレーボムを食らわして十六夜も鏡と交代。
鏡VS石川になったところで石川が鏡を持ち上げ止めにはいるが
かえされてスモールパッケージホールド。これは龍子がカットするが
間髪いれず鏡が石川の足を取りサソリ固め。
これに石川耐え切れず無念のギブアップ。

プレッシャーに負けたか実力負けか・7月の挑戦権を与えると共に
その挑戦者に負けた為、7月までも暫定チャンプのような感じになってしまった龍子・石川組
これは、団体としても本人達にしても残念な結果になってしまった。
(期待してたのは打ち破りつつ挑戦権を与え7月にも打ち破ることだったんだけどなぁ)
沢崎光「色んな意味で社長の設定ミスですよね」
はい・・すいません。


フレイア鏡「うふふふふ。涼美さんいい悲鳴でしたわよ。できるのならもう少し頑張って鳴きつづけてくだされば良かったんですけれども」
フレイア鏡「このままベルトを貰って帰っても良いような気もしますけれど、楽しみは7月までとっておきますわ。せいぜい頑張れるようになって欲しいものですわ・・」
リング上ではフレイア鏡が絶好調だ。
十六夜美響「西女の皆様でもわたしの災厄の力は止められないのね残念だわ」

サンダー龍子「くっ」
何か言いたげな表情をするものの龍子君もここでは何も言えない。
7月の挑戦者に敗れのだから7月に圧勝しない限り、面目は保てない。
これは、団体としてのウチのミスだなぁ・・・・。
サンダー龍子「石川いくよっ」
龍子君は痛そうに足を押さえる涼美君をいわゆるお姫様抱っこで抱えあげると無言で
控えに戻っていった。

その背中にフレイア鏡の勝ち名乗りを浴びせられながら・・。


石川涼美「龍子ごめんねぇ・・・ごめんねぇ・・・;;」
サンダー龍子「泣くな石川!。次は必ず勝つんだ!!。この次、勝ってあの銀髪に思い知らせてやるんだっ」
必ず勝ってくれる7月には!



その後・・意外な結末がまっていた。



~なにわスポーツ記事~
6ヶ月防衛戦を行わなかった為、タッグベルト剥奪の危機・・・
西女経営陣・事務方の大きな誤算!
海外ベルト頼りのイベントの危険性。急遽海外防衛?!


いやーすっかり忘れてたよ・・。
霧子「国女から抗議の電話をいただいておりましたけど・・。」
今月・・・海外防衛に龍子君と涼美君が負けちゃったら
IWWFタッグに十六夜君と鏡君が挑戦できるように調整することで許してもらった・・。
いやー。てきとーすぎたかなアハハハハハハ・・・・・

沢崎光「反省してない~!天誅!~

あわぶぉっっつつつつつつ
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。