スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【6年目5月】薔薇は気高く咲く っってヒューイットじゃないよ

2008年12月23日
永原ちづるファンクラブ 「ジャーマンジャーマン結成」
武藤めぐみファンクラブ 増加
マイティ祐希子     写真集撮影
南利美          始球式
伊達遥          CDレコーディング


今月は薔薇姫杯タッグなんだが・・。。
井上霧子「そうですね。」
7月の西女天神タッグと被るからちょっと内容変えたいな。
井上霧子「どのようにですか?。」
6人タッグにしたいんだがどうだろう?
井上霧子「では前回の優勝チームである国女さんに連絡と依頼しておきますね。」


第二回薔薇姫杯タッグトーナメント改め
      第二回薔薇姫杯6人タッグトーナメント
一回戦第一試合
×サンダー龍子/石川涼美/小川ひかる 
VS マイティ祐希子/ブレード上原/菊池理宇○

Wパワーボム 24分05秒

序盤は優位に進める龍子・涼美・ひかる
だが連携の高さに勝る祐希子・上原・理宇が
連携技でひっくりかえす。
シングルよりも軍団で強い上原軍というところか



一回戦第二試合
ビューティー市ヶ谷/十六夜美響/フレイア鏡
VS ルミー・ダダーン/クリス・モーガン/ダイナマイト・リナ
裏拳→片エビ固め 29分16秒

国産パワーチームと黒船パワーチームの総力戦?!。
お互いに見所のあるパワー技で応酬しつつ
たまにフレイア鏡が関節技で相手の体力を奪うという試合展開
モーガンがパワー技と関節技で人一倍の強さを見せるが
国女勢もフレイア鏡が関節と打撃を組み合わせた攻めで
ダダーンとリナを圧倒。
クリスから替わったリナを捉まえた鏡が交代を許さず
サソリ固め×3→踵落し→裏拳と一気に体力を奪い勝負をつけた。


決勝戦
マイティ祐希子/ブレード上原/菊池理宇○
VSビューティー市ヶ谷/十六夜美響×/フレイア鏡
シューティングSプレス 10分45秒

市ヶ谷VS祐希子の因縁対決で始まった一戦は
ブレード上原VS十六夜→フレイア鏡に
これで上原がピンチになるが止めを刺しきれず
祐希子VSフレイア鏡に祐希子が追い込まれるが場外で乱闘から戻る折に菊地と交代。
菊地VS十六夜の対決になり再び場外での決戦になるが
場外で菊地がジャーマンスープレックス。
これで体力を奪うことに成功した菊地はリングに戻ると
シューティングスタープレス。
そのまま勝利を掴んだ。

第二回薔薇姫杯 優勝 マイティ祐希子/ブレード上原/菊池理宇

菊地理宇「ファンのみんなが起こしてくれた神風!私はそれに乗っただけだよ!」
アナウンサー「次こそジュニアでソニックさんに勝てますか?」
菊地理宇「う・・頑張りますっ」



7日目 IWWF世界ヘビー リターンマッチ。
○サンダー龍子VSクリス・モーガン×
DDT→片エビ固め12分06秒
サンダー龍子防衛 1回目

先月の最終戦で龍子があっさり負けてしまった為、発生したリターンマッチ。
これに勝利して文句無しのチャンピオンになりたい龍子だが・・。
開幕はモーガンから、だがモーがんん攻めを耐え切った龍子が
プラズマサンダーボム。
途中、再びモーガンが盛り返すが
龍子のナックルパートでモーガンが流血。(西女ルールでは反則では無い)
張り手での意地の張り合いも流血したモーガンに勢いがなくなっており
勢いづいた龍子のDDTでモーガンが沈んだ。
ここに勝ったので一応格好がついた。


8日目 環太平洋無差別級タイトルマッチ
○サンダー龍子VS石川涼美×
フランケンシュタイナー 14分59秒
サンダー龍子 3度目の防衛

タッグのパートナー同士でのタイトルマッチ。
トーナメントの結果とはいえ心情的にはどうしたものか。
だが開幕から容赦ないサンダー龍子。
プラズマサンダーボムやフェイスクラッシャーで石川の体力を削る。
だが石川もノーザンライトボムで反撃するとコブラツイストで龍子を締め上げる。
しかし、龍子はパイルドライバーで今度は石川をたたきつける。
これに石川はジャンボスープレックスとノーザンライトボムで返答するが
三度龍子を投げようとしたところを返される。
そして、龍子がフランケンシュタイナーで石川を破った。


石川涼美「龍子~;;痛い~;;」
サンダー龍子「なんだ手加減して欲しかったのか石川?」
石川涼美「うううん。全力でおねえさん嬉しい^^」
サンダー龍子「じゃぁ我慢しろ。さあ、練習行くぞ!」
石川涼美「あーん。おね~さん優しくして欲しい~」
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。