FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【6年目8月】時代は動く?。

2008年12月24日
小川ひかる   CD発売 人気。
マイティ祐希子 写真集発売 それなり
氷室紫月    写真集撮影

本業以外の仕事もなかなか多いな。
井上霧子「引退後も考えると嬉しい事ですわね」
沢崎光「しゃっちょーー。レフェリーのライセンス取ったよー。完全燃焼~~~」
ほうほう。西女初の女性レフェリーだな。ま、色々できるのは良いことだ。
沢崎光「あと、ゴン魂の編集部から速報FAXきてたよー?」
ん・・国女の六角・十六夜組がEWA世界タッグを奪取か・・。やっと重い腰をあげだしたのかな
井上霧子「名前の割に国内団体への交流戦は積極的なのに海外団体とは絡んでませんでしたものね」
・・国際女子プロレスなのにな・・。

EWA認定世界タッグ選手権試合
ナスターシャ・ハン/×ドリュー・クライVS十六夜美響○/六角葉月
Wパイルドライバー→片エビ固め 47分07秒



ま、他所も頑張っているが・・うちは今月は「ひまわり選手権」だ.
みんな明日のヒロインを目指してがんばってくれいっ
1日目
Aブロック
○サンダー龍子VSブレード上原× エクスプロイダー→体固め 12分04
○ソニックキャットVS中森あずみ× JOサイクロン 13分20秒
○マイティ祐希子VS石川涼美×  シューティングSプレス 22分43秒
×南利美VS菊池理宇○       ラリアット→体固め 19分04秒
Bブロック
○越後しのぶVS武藤めぐみ×    踵落し→体固め 12分17秒
×結城千種VS大空みぎり○     張り手→片エビ固め 14分19秒
○伊達遥VS氷室紫月×        トゥールハンマー→片エビ固め 19分51秒
○小川ひかるVS永原ちづる×    ストレッチプラム 11分56秒
2日目
Aブロック
○サンダー龍子VS南利美×     プラズマサンダーボム 18分25秒
○ソニックキャットVSブレード上原  シャイニングウィザード→体固め 15分40秒
○マイティ祐希子VS中森あずみ   JOサイクロン 16分11秒
○石川涼美VS菊池理宇×      裏拳→体固め 19分03秒
Bブロック
○越後しのぶVS永原ちづる×    踵落し→片エビ固め 10分28秒
○武藤めぐみVS大空みぎり×    ジャンピングニーパット→体固め 10分50秒
○伊達遥VS結城千種×       シャイニングウィザード→体固め 10分31秒
×小川ひかるVS氷室紫月○     ストレッチプラム18分20秒
3日目
Aブロック
×中森あずみVS菊地理宇○     ムーンサルトプレス 14分17秒
×ソニックキャットVSサンダー龍子○ エクスプロイダー→体固め 13分43秒
○マイティ祐希子VSブレード上原○ シューティングSプレス 10分11秒
×石川涼美VS南利美○        コンビネーションキック→体固め 14分16秒
Bブロック
×越後しのぶVS氷室紫月○     フォーチュンロック 20分03秒
○武藤めぐみVS結城千種×     ヘッドシザースホイップ→片エビ固め 11分08秒
○永原ちづるVS大空みぎり×    ジャーマンスープレックス 7分46秒
×小川ひかるVS伊達遥○      トゥールハンマー→片エビ固め 17分07秒
4日目
Aブロック
×ブレード上原VS菊池理宇○    ジャーマンスープレックス 18分06秒
×ソニックキャットVS石川涼美○   ノーザンライトボム→片エビ固め 13分01秒
×中森あずみVS南利美○      ネオ・サザンクロスロック 18分54秒
【注目試合】
×マイティ祐希子VSサンダー龍子○ フランケンシュタイナー 14分44秒   
真中の4日目まで無敗同士の一戦。これに勝たないと優勝から離れるだけに
両者とも勝利に執念を燃やす。開幕からJOサイクロンを繰り出し
速攻を目指した祐希子だったがプラズマサンダーボムで反撃の口火を切った
龍子に逆に押し込まれフランケンシュタイナーで敗れ去った。
Bブロック
×越後しのぶVS伊達遥○       トゥールハンマー→片エビ固め 18分20秒
○永原ちづるVS結城千種×      ジャーマンスープレックス 14分05秒
○氷室紫月VS大空みぎり×      腕ひしぎ逆十字 11分44秒
○小川ひかるVS武藤めぐみ×     チキンWフェイスロック 10分30秒
5日目
Aブロック
○サンダー龍子VS石川涼美×    フランケンシュタイナー 9分16秒
○ソニックキャットVs南利美×     JOサイクロン 19分58秒
○マイティ祐希子VS菊池理宇×    アキレス腱固め 20分06秒
○ブレード上原VS中森あずみ×    フランケンシュタイナー 13分23秒
Bブロック
○越後しのぶVS大空みぎり×     掌底→片エビ固め 8分24秒
○氷室紫月VS永原ちづる×       腕ひしぎ逆十字 15分59秒
○伊達遥VS武藤めぐみ×        トゥルーハンマー→片エビ固め 16分15秒
○小川ひかるVS結城千種×      チキンWフェイスロック 10分49秒
6日目
Aブロック
○ソニックキャットVS菊池理宇×    JOサイクロン 16分33秒
○サンダー龍子VS中森あずみ×    エクスプロイダー→体固め 12分01秒
○マイティ祐希子VS南利美×      JOサイクロン 19分20秒
×ブレード上原VS石川涼美○     卍固め 12分01秒
Bブロック
○越後しのぶVS結城千種×      踵落し→体固め 9分38秒
○氷室紫月VS武藤めぐみ×      腕ひしぎ逆十字 14分22秒
○小川ひかるVS大空みぎり×     チキンWフェイスロック 10分24秒
○伊達遥VS永原ちづる×        トゥールハンマー→片エビ固め 14分29秒
7日目
Aブロック
×ブレード上原VS南利美○       ネオ・サザンクロスロック 14分26秒
○サンダー龍子VS菊池理宇×     チキンWフェイスロック 13分39秒
この時点でサンダー龍子のAブロック優勝が決定。(全勝)
○マイティ祐希子VSソニックキャット× シューティングSプレス 18分18秒
×中森あずみVS石川涼美○      SSD→体固め 16分22秒
中森あずみの全敗が確定。
Bブロック
○越後しのぶVS小川ひかる×     踵落し→片エビ固め 13分20秒
○永原ちづるVS武藤めぐみ×     ジャーマンスープレックス 17分52秒
○氷室紫月VS結城千種×       ストレッチプラム 11分22秒
結城千種の全敗が確定。この時点ではまだ氷室にもチャンスあり。
○伊達遥VS大空みぎり×        シャイニングウィザード→体固め 9分29秒
流石に新人の大空では止めれなかった。伊達のBブロック全勝が確定。
最終日
優勝決定戦
○サンダー龍子VS伊達遥×
プラズマサンダーボム 8分08秒

Aブロックに評価上位から。Bブロックに評価下位からという西女の伝統により
まだ、次世代の育成選手とも言える立場でTOPのサンダー龍子への挑戦権を得た伊達。
強力なハイキック「トゥールハンマー」とシャイニングウィザードを武器に
サンダー龍子に迫り、龍子のフランケンシュタイナーを返してみせるなど
若い力を全力でぶつけたが・・さすがに本気を出したサンダー龍子には敵わず
プラズマサンダーボムの前に沈んだ。 

サンダー龍子 ひまわり選手権 全勝優勝 2年連続2度目


サンダー龍子「伊達!おまえの全力!楽しませてもらったぞ!」
伊達遥    「わたし戦えた・・・一方的にはならなかった・・。
サンダー龍子「伊達!いつでも挑戦は受けるぞっ!」
伊達遥    「いつか・・あなたを倒したいっ・・・・です・





興行終了後のバスの中・・
FAXを見ながら上原さんと沢崎君がうなっていた。
ブレード上原「先を越されたね・・・。」
沢崎光「理沙子さんがタイトルを奪われるなんて・・・」
ブレード上原「ちょっと出遅れて国女に先を越されたのか・。」
そこへ龍子君が入ってくる
サンダー龍子「どうしたんだ?二人して」
沢崎光「理沙子さんが国女の桜井さんにタイトルを奪われたんです」
サンダー龍子「そりゃ奪われることもあるだろう?exではわたしと石川が優勝してるんだから・・。」
沢崎光「あっ・・・。」
サンダー龍子「でも国女が乗り込んだってことはパンサー理沙子が無敵だっていう幻想が消えたってことだね・・。出遅れたかな」
ブレード上原「新女のアジアヘビーは国女に渡したくないねぇ。」
サンダー龍子「じゃぁ。うちも乗り込むしかないね。石川っ!準備はいいかい」
石川涼美「龍子~~。社長が良いって言わないと~」
サンダー龍子「社長がダメって言うわけないよなっ」

やれやれ・・来月のあすなろに石川君が参加できなくなるな^^;
サンダー龍子「石川とはこの前やりあったしな^^」
相手が挑戦させてくれるかどうかだけが心配だが・・時期を選びつつ乗り込もう
サンダー龍子「よし、そうこなくっちゃね」


国際女子の桜井千里とメイデン桜崎がアジアタッグを60分引き分け
そして、NJWPヘビーを桜井千里が奪取したことは
パンサー理沙子の無敵時代が終わったことを示していた・・。

NJWPヘビー級選手権試合
×パンサー理沙子VS桜井千里○
千里式脳天割り→体固め 29分20秒

TWWA世界無差別級選手権試合
▲八島静香VS桜井千里▲
時間切れ引き分け 60分00秒
辛うじて時間切れで逃げ切ったものの八島も危なかった。

そして、アジアヘビーは八島VS理沙子で争われた。
昔の新女であれば。。パンサー理沙子に外部の選手を挑戦させて打ち破ったであろうに
桜井千里としては不完全燃焼な結果であろう・・。


記者「桜井さん!NJWPヘビー奪取の感想を一言!」
桜井千里「皆様の声援のおかげでNJWPヘビーを奪取できました。しかし、アジアヘビーへ挑戦させていだけなかった事は非常に残念です。」
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。