スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【6年目2月】ベルトの大盤振る舞い第三章 

2009年02月18日
IWWF世界タッグ王座選手権。
今回はダメ観客目線を交えてお送りします。(ぇ
いやーたまには違うテンションでってね?。

ダメ?


IWWF世界タッグ王座選手権
サンダー龍子/▲石川涼美VSクリス・モーガン/ルミー・ダダーン▲
60分時間切れ。
規定により龍子&石川組 3回目の防衛。


長年の王者クリス・モーガンと徐々にモーガン越えを実現している
龍子&石川組の対決。

クリス・モーガンからすれば世代交代を認めない為には
ベルトの奪還が望まれるが・・。

先手をとったのはクリス。龍子をパワースラムでマットに叩きつける。
さらに替わったダダーンがヘッドバッドからベアハッグ。
だが、ダダーンは龍子をこのまま追い込めず
龍子はダダーンにフランケンシュタイナーを浴びせて石川と交代。
替わった石川はパワーでダダーンを圧倒する。
ただ石川もダダーンを押し切れずクリスに交代されクリスの反撃。

だが、これで一気に押し切れなくなってきたのは
龍子・石川の成長か?それともクリスの衰退か?。
Wドロップキックで反撃した石川はノーザンライトボムで
クリスに一気にダメージを与える。

観客A「揺れる揺れる・・」
観客B「何が?」
観客A「技をかける涼姉様の乳に決まってるだろうがっ!」
観客B「おまえ;;」

たまらず、クリスはダダーンと交代。
入ったダダーンは石川を捕まえアルゼンチンバックブリーカーの体制。

観客A「涼姉ピンチだっ!でも反り返る体の上の二つの膨らみやよし!」
観客B「おまえなぁ・・;;」

しかし、すぐに逃げられ龍子と交代。
入った龍子はいきなりダダーンを捕まえプラズマサンダーボム。
そのままダダーンを挑発する。
しかし、油断しすぎたのかベアハッグで締め上げられた上に交代される・・。
ハンマーブローでお互いの体を数回殴りあったあと
龍子がドロップキックからフェイスクラッシャーさらに石川が入りWインパクトと
流れるような顔・顔・首。
さらに石川のアシストを受けてWパイルドライバー。
これは流石に勝負あったかと思われたが・・詰が甘いのか・・
ここで遅いながらもダダーンがカットに入りモーガンが脱出。

しかし、入ったダダーンにもWラリアット。そしてコブラツイストと絶好調。
ダダーンがベアハッグで絞め返せば張り手をお見舞いする龍子。
ひつこくベアハッグをしてくるダダーンをものともせず張り手で脱出すると
今度はパイルドライバー。だがモーガンにカットされ勝負つかず。

観客A「ベアハッグで締め上げられる龍子たんいいよね・・」
観客B「お前もう帰れ(怒)」

龍子は勢いがある。観客にアピールをしながら
サンダー龍子「いくよっ!これで勝負ありだっ!!」

ドラゴンスープレックスの体制。

だがその時、ダダーンが意地を見せたのか

観客A「おー龍子たん萌え~」
観客B「お前、いっぺん死んで来い;;」

観客Aの叫びに悪寒が走ったのかこれが裏目。
ダダーンにくるっと丸めこまれる龍子。
一瞬、何が起きたかを考えているうちにダダーンに逃げられ

すぐに交代しリングに駆け込んだモーガンのエルボを食らい
そのまま勢いで抑えられる。

しかし、石川がすぐにカット。龍子はコーナーから不知火を決め石川と交代。
モーガンのパワーをいなしてチキンWフェースロック。
これはロープに逃げられるが、すぐにSSD。
しかし、これを返され決着がつかない。

観客A「涼姉~乳萌え~」
観客B「お前とは二度と観戦にこんっ」



石川涼美「何故かとってもむかつきます~」
石川は高まった気持ちのまま替わったダダーンを裏拳一発でマットに倒し
フォールに入るがこれもクリスがカット。

ここで、タイムアップとなり、龍子・石川組は圧倒していたものの
きっちりとした勝利にはできず残念な形になった。




試合後。
サンダー龍子「なぁ・・・石川・・。試合中ずっと謎の悪寒に悩まされたんだが・・・。」
石川涼美「わたしもです~」
沢崎光「お二人でもモーガンさんくらいだと緊張されるんですねー^^。燃焼しないとだめですよー」
サンダー龍子「いや・・・あれはなんか違う気がするんだが・・・」
石川涼美「強いていうなら~菊池ちゃんの試合みたいな~空気が~」
サンダー龍子「ああ、そうだ菊池がボコラレテル時の雰囲気だな」
沢崎光「どんな邪悪な雰囲気なんですかそれはー」


・・・・菊池は聞いていた。
菊池理宇「・・・わたしって・・;;わたしって・・・;;。」
マイティ祐希子「理宇~?。理宇ってリョナラーに人気なんだってねー。リョナラーってなにー?」
南利美「祐希子・・・聞かないであげなさい・・。」


(自動的に翻訳されていると思いねぇ)
クリス・モーガン「あの小娘ども・・少し実力がついたからと言って顔ばっかり顔ばっかり・・・。」
ルミー・ダダーン「クリスはん。えらい顔はれてまっせ?。大丈夫でっか~?」
クリス・モーガン「あなたもパンパン張られてたじゃないの。」
ルミー・ダダーン「あはは。一方的に張られてしまいましたなぁ」
クリス・モーガン「次は必ず泣かすわ!。」
ルミー・ダダーン「女王のイメージぶちこわしやなぁ・・。」

お後がよろしいようで。





観客A「うーん。理宇ちゃんとか小川ちゃんもいいけどー。龍子たんと涼美たんもいいね~」
観客B「お前とは二度と一緒に来ないよ(怒)」
観客A「でも最近は桜井たんという超新星があらわれたらしいよー。いいよね~」
観客B「えーかげんにしなさいっ(怒)」

お後がよろしいようで。


























スポンサーサイト
Comment
No title
モーガンのお多福顔、見てみたい。

実は祐希子もリョナラーに大人気なのは誰もが知ってる秘密。
祐希子の関連検索で、「マイティ祐希子 惨敗」「マイティ祐希子 失神」「マイティ祐希子 ギブアップ」がぞろぞろ出てきた時には、祐希子の立ち位置が分かった気がしました。

Σ(゚д゚;)ハッ、だから祐希子は勝てないのか....。
触れるな危険ですぅ
Sei様

祐希子・理宇の・・。

リョナラー師弟コンビ(ぇ

そこはある意味触れてはなりません。なりませぬぞーw

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。