スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【6年目2月】作者もすっかり忘れていたぜぇ。国際女子のこと ①

2009年02月22日
国際女子プロレス社長「天空橋 稲荷」はうなっていた。
激しくうなっていた。
・・
・・・
・・・・
そして叫んだ

天空橋稲荷「何故、どーして、Why?わたしの出番は殆どないのだ!」

桜井千里「社長・・・。きっと作者にすら忘れられていたのではないかと・・」
桜井千里「あれ・・作者って・・電波が・・」


メイデン桜崎「桜井さんしっかり!練習のしすぎで壊れたのっ?(ニヤリ)」

ビューティー市ヶ谷「おーほっほっほっほっ。やはり、桜井さんや桜崎さんのような小娘がトップでは
作者にも忘れられてしまいますわねっ。ここはわたくしがっ・・」


メイデン桜崎「あっという間に評価抜かれたお嬢様はひっこんどいてくださいませんか?。ねぇ市ヶ谷お嬢様?」

ビューティー市ヶ谷「キーー。桜崎さんあなた何様のつもりですのっ。全国に100億のファンがいるこのビューテイー市ヶ谷に向かって」

天空橋稲荷「だー!お前等うるさいだまれシャラーップ!

天空橋稲荷「来月のファイナルシリーズではなんとしても!西女より目立って私の自己顕示欲を満たすのだっ!。行け国女の戦姫たちよっ!

桜井千里「わたしは絶え間ない努力で這い上がってるのに何故こんな社長なのか・・。」

メイデン桜崎「あら、千里お嬢様。こんな団体だからこそ。私たち二人が団体という看板に関係なく評価されてるのですわ^^。」

桜井千里「わたしはただトップに立ちたいだけなのだが。」

メイデン桜崎「(でもホントにあの社長大丈夫かしら)。」


NJWPヘビー 選手権試合
○桜井千里VS十六夜美響×
サッカーボールキック→体固め 25分47秒
2回目の防衛

桜井が奪い取ってきたベルトをかけてベテラン十六夜と桜井の団体内の防衛戦。
お互いにじっくり相手の動きをみるところから始まり
先手を取ったのは十六夜。裏投げで桜井にダメージを与える。

しかし、大技では無いものの細かく確実に打撃と蹴りを繰り出し
十六夜の体力を削り続ける桜井。
そして、桜井の蹴りで十六夜が流血。

さらにパワー勝負でも桜井が十六夜のラリアットをかわして
ラリアットを決めた後、さらにDDTと十六夜を圧倒する。

さらに十六夜が裏投げを決めれば桜井はブレーンバスター。
十六夜がWアームスープレックスを決めれば先に立ち上がった
桜井がサッカーボールキックで十六夜を蹴りまくる。と
相手のダメージ以上のダメージを返し続けた桜井が圧倒。

かつての先輩に容赦なく。伸び盛りの桜井がトップの実力を示した。

桜井千里「やはり、最後まで立っていたのは私でしたね。十六夜さん。最近、練習が少なくなられてるのではないですか?」

十六夜美響「くっ。言うね桜井。でもあなたはもうちょっと先輩を労わるってことを覚えた方がいいわね。災厄に襲われるわよ。」

桜井千里「災厄さえも打ち破って見せます。」

十六夜美響「ほんとに悔しいぐらい言うようになったわ・・。。」


GWA選手権試合
×メイデン桜崎VS六角葉月○
シューティングスタープレス 16分48秒

若手の急成長株 桜崎とその師匠六角葉月の一戦。
桜井・桜崎による世代交代が徐々に確立していく中で
ベテラン勢がどれだけ踏ん張れるかが見所の一戦。

お互いの力の探り合いから先にしかけたのは六角。
ラビリンススリーパーで桜崎の体力を奪いにかかる。
さらにDDT→DDTと決め、シューティングスタープレスで止めにはいる。
しかし、これは桜崎にかわされ自爆。
だが、それでも桜崎にペースは渡さずフェイスクラッシャーで
桜崎の顔をマットに叩きつける。これで桜崎が流血。

さすがに師匠の意地を見せて終了かと思われたがカウント2.8で桜崎脱出。
ノーザンライトボムもスモールパッケージホールドで返す桜崎。
意地を見せ「メイドンインヘブン」の体制・・。
しかし、自分の血で腕がすべり直ぐに逃げられてしまう・・。

すぐさま起き上がった六角はシューティングスタープレス。
天から降ってくる師匠を確認した桜崎だったがかわすことができず
流血とダメージで気を失いスリーカウント。

師匠の意地をみせつけられベルトを失うことになった。

メイデン桜崎「少しは弟子に華を持たせていただいてもよろしいのではお師匠様?」

六角葉月「あんたみたいな腹黒いのはたまに打ち倒されとかないとろくなこと考えないからねぇ」

メイデン桜崎「わたくし、あんなに頭をマットに叩きつけられては、縮んでしまいます。」
メイデン桜崎「それに血まみれメイドなんてしゃれになりませんわ」


六角葉月「ま、最後のメイドイン・ヘブンだけは褒めといてあげるよ」

メイデン桜崎「くやしいですわ・・。。」
メイデン桜崎「(楽に倒せるようにひっくり返ったら仕返ししてやりますわ)」


六角葉月「なんか悪いこと考えてる顔だねぇ」

メイデン桜崎「あら、気のせいですわ」



GWAタッグ王座選手権

×桜井千里/メインデン桜崎VS十六夜美響/六角葉月○
ラビリンススリーパー 29分21秒
ベルト奪取。

相手の出方の探りあいからなのはいつもどおり。
先手を取ったのはメイデン桜崎。メイドインヘブンで十六夜の体力を奪いに掛かる。
しかしロープに逃げられ思ったようなダメージは与えられない。
そして交代して桜井VS十六夜。
お互いに体力を削りあいながら十六夜の隙をついて桜井が
千里式延髄斬を放つ。これを十六夜がかわせずダメージ。
だが、十六夜も裏投げで桜井に反撃。桜井はこれにギロチンドロップで応える。
そしてお互い入れ替わって桜崎VS六角。
六角がシュミット式で桜崎の腰を攻めてからドロップキックで攻めれば桜崎は
ジャンピングニーパッドで返す。そして六角を捕まえ片逆エビ固めで締め上げる。
だが六角はロープに逃れて桜崎から脱出するとギロチンドロップをお見舞いして
十六夜にバトンタッチ。リングインした十六夜は立ち上がった桜崎にラリアット。

これでベテランペースになりはじめるものの
桜崎が桜井と交代。桜井と十六夜が対峙すると桜崎はすばやくリングインしダブルパイルドライバー。
このダメージが効いたのか、桜井を投げ飛ばして脱出したものの
ブレーンバスター→裏投げと連続で投げられた十六夜はたまらず六角と交代。

勢いに乗る桜井は入った六角にギロチンドロップを決めフライングボディアタックの体制。
しかし、さすがにこれは六角も避け、桜井は激しく自爆。
痛みの怒りをミドルキックで六角にぶつけるが、今日の六角は余裕を見せ体制の崩れた
桜井にDDT。そして引きずり起こしてラビリンススリーパー。

これが絶妙に(悪い意味に?)首に入り、桜井無念のギブアップ。
六角葉月は衰えないというところを見せた瞬間になった。



メイデン桜崎「ああっ。師匠の腕力に裏打ちされた見事なスリーパーが千里さんの首にっ。」

桜井の助けてくれ目線を華麗にスルーしながら桜崎はうっとりとした眼を桜井千里に向けていた。

メイデン桜崎「ああっ。千里さん悔しそうで苦しそう。素敵・・。」
どんどんしまってくる六角の腕力に裏打ちされたラビリンススリーパー。
目線を向けてもカットに入ってくれない桜崎にさすがの桜井もギブアップしか選べなかった。

桜井千里「ギ・・ギブアップ・・・。」

メイデン桜崎「残念・・千里お嬢様の失神が見れると思ったのに・・。」




桜井千里「桜崎さん・・なんでカットに入ってくれなかったんですか・・。。」

メイデン桜崎「ごめんなさい。千里お嬢様大丈夫そうに見えたので・・。」

桜井千里「次から頼みますね・・。。」

メイデン桜崎「(千里お嬢様はもがく姿が素敵なのに・・・)」



微妙にお後がよろしいようで・・。


































スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。